• パイナップル豆乳ローション
  • きれいの定期便
  • うれしい特典付きお友達紹介制度
  • Facebook
  • メルマガ登録
  • LINEはじめました

障がい者就労支援 牛乳パックを再利用したSDGsな「ハーブのイラスト2023年カレンダー」

2022年09月20日 更新 | カテゴリー: スタッフブログ

鈴木ハーブ研究所では、障がいを持つ方が地域の中で働き、生き生きと暮らしていけるよう願って就労支援を行っています。
その一環として、当研究所が拠点を置く茨城県東海村にある「NPO法人まつぼっくり障がい者就労支援事業所わーくるほーぷ」の活動を応援しています。

その一つとして当研究所では2016年よりカレンダーのデザイン、ディレクションに協力しております。
今後、NPO法人まつぼっくり事業独自が新企画の立ち上げやデザイン性の高い作品創作ができることを目指しています。

そして、今年もNPO法人まつぼっくりの皆さんが手作りした「ハーブのイラスト2023年カレンダー」を販売いたします。
2022年9月26日より予約販売受付を開始し、2022年11月1日より発送いたします。https://content.s-herb.com/cp/2023calendar/

top_27

 

  • ハーブのイラストカレンダーについて

カレンダーは、「NPO法人まつぼっくり障がい者就労支援事業所わーくるほーぷ」の皆さんが制作しています。
鈴木ハーブ研究所が所有するハーブガーデンの植物を中心にしたイラストが描かれ、紙作りから印刷、裁断、封入に至るまで、ひとつひとつ丹精込めて作られる数量限定の受注生産のカレンダーです。
カレンダーは、使用済み牛乳パックを再利用し、丁寧に1枚1枚紙すきで仕上げた和紙を使用しています。

 

tesuki牛乳パックから手作りした和紙

 

20191212_1-e1632964201539

和紙は1枚1枚丁寧に紙すきで仕上げます

 

描かれているハーブのイラストは「まつぼっくり」の皆さんが「キミ子式」という画法で描いたものです。
「キミ子方式」とは、赤、青、黄色の三原色と白だけで色を作り、描きはじめの一点を決め、その部分からとなり、となりへと描きすすめていきます。
画用紙が余れば切り、足りなければ足して、最後に構図を決める画法です。 一人ひとりが伸び伸びと描いた、どれも心温まるものばかりです。

20160119146

「キミ子方式」という画法で描くハーブ

temoto

どの絵も温かみのあるものばかりです

  • 商品概要

MS20220801010

 

ハーブのイラスト2022年カレンダー
仕様:木製スタンド付き 卓上カレンダー
サイズ:237×112mm (カレンダー本紙) 枚数:13枚(表紙+1ヶ月ごと計12枚)
※手作りのため、数に限りがあります。

■販売価格
スタンド付き 880円(税込)
スタンドなし 770円(税込)
送料 770円(税込)

■申し込み方法
・お電話にて
株式会社鈴木ハーブ研究所お問い合わせ窓口
0120-32-8633(受付/8:00~23:00)
他、はがき、FAX(029-282-3112)

・WEB予約受付フォーム
https://content.s-herb.com/cp/2023calendar/
※申込時は氏名、住所、電話番号、必要部数、スタンド有無をお伝えください。

カレンダーの販売を通して就労支援(自立支援)につながります。
一人でも多くの方から、ご賛同・ご協力いただければ幸いです。
皆様からのあたたかいご支援をお待ちしています。


2022年09月20日 | カテゴリー: スタッフブログNo Comments » 

関連記事

コメントを投稿する





コメントを記入する


CAPTCHA


カテゴリーから探す